子供矯正パーフェクトNAVI » 子供矯正の種類を紹介 » マウスピース矯正ってこんな矯正方法 » ムーシールドを小児矯正で選ぶ理由とは?【監修記事】

[最終更新日]: 2021/04/22

ムーシールドって
こんな矯正方法

ムーシールドは、透明なシールドを乳歯列期に装着する矯正方法です。舌を乗せるレストと歯の位置を調整するシールド部分のみで構成されたシンプルな装置となっています。シンプルなので幼児にも装着しやすい治療器具として注目されています。ムーシールドが普及する前は乳歯列期を過ぎてから治療が行われていましたが、現在では早めに治療が行えるようになり受け口を緩和できるケースが増えてきています。

目 次

改善が期待できる症状

ムーシールドは、あごを正常な位置に戻す効果が期待できます。乳歯が生えそろってしまった後だと、噛み合わせを治すには本格的な矯正治療が必要だと勘違いしてしまい、治療に二の足を踏んでしまう人が多くいます。しかし、乳歯列期の子供のあごはまだ成長途中なので、周囲の筋肉を鍛えれば歯並びが変わる可能性があるのです。子供が2歳頃まで受け口だったとしても、およそ半数近くは3歳頃までに自然に治っているといわれています。

ところが、子供が3歳頃まで受け口のままの場合は、その後自然に治る可能性は1割にも満たないとされています。子供のあごは早ければ早いほど動かしやすいため、乳歯が生えそろった時点で相談するのが良いでしょう。

施術に適した年齢

ムーシールドは、3~5歳の乳歯列期に使う矯正装置です。歯の上下の噛み合わせが逆になっているなど反対咬合、通称受け口と呼ばれるケースで使用できます。前歯の乳歯が生え変わる前まで対応できるため、人によっては6歳頃まで使える可能性があります。乳歯列期しか付けられない矯正装置なので、子供が受け口だと疑われる場合は早く受診するのがおすすめです。前歯の乳歯が生え変わった後は、他の矯正装置での対応になるため注意しましょう。

治療方法

ムーシールドは、小さな子供に行う矯正治療なので、精神的な負担を考えて就寝時に装着するところから始めます。日中はつけない状態で過ごせるため、子供に強いストレスを与えることなく治療を進められます。装置を付けた後に子どもが口を開けて寝ていても、寝ている間に何度も唾液を飲むときに口の筋肉がきたえられるので問題ありません。就寝時につけることから慣らしていき、徐々につける時間を長くしていくと子供の治療に対する抵抗が少なくなるでしょう。

治療期間

ムーシールドの治療期間は、半年から1年くらいが目安となっています。本格的な矯正治療とは違い、乳歯列期のあごの成長を良い状態に導くことが目的のため、治療は短期間で済みます。ムーシールドのような小児矯正は対応している歯科医院が限られるので、通院できなくなる可能を考えると治療期間が短いのは魅力的なポイントだといえます。

費用目安

ムーシールドの費用は、本格的な矯正治療とは違い、10万円前後と安い傾向があります。成長してから受け口を治そうとすると治療に60万円前後かかる可能性があり、治療に入るまで期間が遅くなるほど治療費がかさみます。コストや子供の健康面を考慮すると、乳歯列期に治療ができそうか診てもらうのが負担が少なくておすすめです。

リスク

ムーシールドは、受け口であっても状況によっては改善できないリスクがあります。機能性反対咬合に対しては良いアプローチができるとされていますが、遺伝による骨格性反対咬合に対してはアプローチしても上手くいかないケースが確認されているのです。しかし、早めにムーシールドを行えば、骨格性反対咬合でも正しい上下の噛み合わせに導ける可能性があります。受け口の兆候がみられた時点で診察してもらうのが良いでしょう。

もう一つ、ムーシールドには保護者に負担がかかるというリスクがあります。就寝前に装着させようと思っても、小さな子供なので上手く行かない可能性があるのです。言い聞かせて理解させても次の日には嫌がって癇癪を起してしまうことさえ考えられます。嫌だとぐずる子供に対して手を焼きながらも毎日装着させることが、上手く矯正治療を進めるためには欠かせないのです。

口コミ

イメージ
今はマウスピースなしでは眠れないほどに

夜中のマウスピースでどうしてガタガタの歯がこんなにきれいに並んだのか不思議でうれしいです。子どもは最初はマウスピース嫌がりましたが、今はマウスピースなしでは眠れないようです(笑)口呼吸から鼻呼吸にかわったこともあるのか、集中力がつき、学校の宿題にかかる時間が短くなりました。

引用元HP:Caloo
https://caloo.jp/reviews/search/all/t183
イメージ
昼と夜寝ている時に着けました

型を取ってマウスピースを作り、昼と夜寝ている時に着けました。治療費はあまり覚えていないのですが8万円くらいだったと思います。大人になってからの矯正は大がかりで痛いし不便だし見た目も悪く、酷いと手術になり数百万かかるので本当に良かったです。

引用元HP:Caloo
https://caloo.jp/reviews/search/all/t183

ムーシールドのメリット・デメリット

メリット

ムーシールドのメリットは、早い段階で子供の受け口を改善できる可能性があるということです。受け口は食事が上手く取れなかったり、発音がスムーズにいかなかったりと子供の成長の妨げになる恐れがあります。さらに、強く食べ物を噛んでしまうことであごに負担がかかり、骨に痛みが生じてしまう危険性もあるでしょう。受け口のまま成長することで子供に起こりうるトラブルを前もって回避できるので、子供にとっても親にとっても使うメリットは大きいといえます。

デメリット

ムーシールドのデメリットとしては、必ずしも効果がみられるわけではないということが挙げられます。上記のリスクで挙げたように、遺伝による受け口では効果がみられないケースが報告されており、ムーシールドを試してみても状況は変わらない恐れがあります。また、一度ムーシールドで受け口が解消されても、永久歯に生え変わる過程で再び受け口になってしまうリスクも決してゼロではありません。そのため、治療後も定期的に歯の状態を診てもらい続けるということが、子供の歯列を整えるには何よりも大切だといえます。

ムーシールドはどういう人におすすめ?

ムーシールドは、受け口の兆候がみられる3~5歳にかけての子供におすすめの治療法です。一部が永久歯に入れ替わっていても効果が得られる可能性がありますが、乳歯列期に比べると可能性が低くなるため早めに治療を開始したいところです。受け口の治療でムーシールドの利用を考えているなら、費用面や治療期間を考えて早めに医療機関に相談してください。

監修医師紹介

竹中純子先生

※本記事の医師監修に関して、学術部分のみの監修となり、医師が具体的なクリニックや施術や商品等を推奨しているものではございません

住んでいる地域から探す、全国エリア別!子供矯正歯科ナビ