子供矯正パーフェクトNAVI » 子どもの健康を願うすべてのママに知ってほしい「予防矯正」のこと|マイオブレース » マイオブレースの年齢

[最終更新日]: 2022/08/02

小児の予防型矯正治療であるマイオブレースですが、治療をスタートするのに適した年齢は何歳くらいなのでしょうか。年齢ごとに異なるマイオブレース治療の役割についても触れていますので、参考にしてみてください。

マイオブレース
治療に
適した
年齢は?

マイオブレースは、子どもの体の成長を利用してあごの発育を促し、歯並びを整えていく治療用です。そのため、適用される年齢は3~15歳の成長期。歯並びが悪くなる習慣を改善したり、クセがつかないようトレーニングしていくという内容なので、従来の矯正治療よりも早い年齢から治療を開始できます。

治療をスタートする時期は子どもの成長度合い・性格・ライフスタイルなどによっても異なるため、「何歳からスタートするべき」とは言い切れません。それぞれの子どもに適した治療開始時期があるため、まずはマイオブレース対応の歯科医院で相談してみることをおすすめします。

年齢ごとの
マイオブレース
治療の役割

マイオブレースは、子どもの成長や年齢によって治療の役割が異なります。

3~6歳

3~6歳は、乳歯が生え揃ってから永久歯が生え始めるまでの期間です。この時期に使用するのはマイオブレース・フォー・ジュニアという装置で、口周りの筋力アップと、上あご・下あごの発達を促す目的で使用されます。

発育不全の原因となり得る筋機能を活性化することにより、「お口ポカン」といったクセを改善。永久歯が生えるのに十分な大きさまで、あごの成長を促していきます。

6~10歳

乳歯から永久歯へと生え変わる6~10歳の時期は、あごの発育がピークを迎えます。この時期に使用するのはマイオブレース・フォー・キッズと呼ばれる装置で、あごの成長をしっかりと促進することにより、永久歯が生えるスペースを確保していきます。

また、出っ歯(上顎前突)・深い噛み合わせ・開口状態・すきっ歯などの改善も目的として、治療を進めます。

10歳以上

10歳以上になると、多くの子どもの永久歯が生え揃ってきている状態です。この時期に使用されるのはマイオブレース・フォー・ティーンで、歯並びを自然な位置まで導くことを目的としています。

この年代だと上あごの成長がピークを超えており、あごの成長発育を誘導するのはやや困難。その代わりとして筋機能を改善し、悪い歯並びの改善を目指します。

15歳以上

15歳以上の子どもは永久歯列となるため、ほとんど大人の歯並びへのアプローチとなります。この年代に使用されるのはマイオブレース・フォー・アダルトで、軽度~中程度の上下の歯並びの悪さを改善するのに用いられます。

ただし、フォー・アダルトのみで歯並びを改善するのは難しいとされており、効果が出ない場合はワイヤー矯正をはじめとする他の治療法が適用されます。

マイオブレース対応歯科医院をチェックする

まとめ

マイオブレースには年齢ごとに違った役割があり、子どもの成長に合わせて適切な器具を選択、トレーニングを続けていくことが大切です。治療開始に適した時期は子どもによって異なるため、まずはマイオブレースを取り扱っている歯科医院に相談してみると良いでしょう。早め早めが重要です!

調査・文/坂野香織さん(歯科衛生士 有資格者)

予防矯正について詳しく見る

住んでいる地域から探す、全国エリア別!子供矯正歯科ナビ