子供矯正パーフェクトNAVI » 子供の歯の悩みについて » 子どもの出っ歯

[最終更新日]: 2020/06/23

子供の出っ歯について

出っ歯は矯正治療で直せるか

出っ歯は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」という症状です。この症状は、矯正治療によって治療することができます。使用する矯正器具は、「ヘッドギア」や「アクチベーター」など装置を使用します。取り外し式で寝るときに装着します。子供の顎は成長期にありますから、このような器具によって治療していきますが、子供の上顎前突治療は目に見える変化が出るのに数年かかる場合もあります。見た目が変化しないからといって治療を中止しないようにしてください。

いつ頃から始めればよいか

上顎前突の治療は、主に小学校3年生から4年生くらいの年齢にはじめます。この時期は、犬歯や小臼歯が生え変わる時期です。上顎の歯列が前方にずれてしまっている場合には、上顎を移動させる「ヘッドギア」などを使用します。また、下顎が後方にずれているため、かみ合わせが悪い場合には、「アクチベーター」などを使用します。この治療は1次治療といって、中学生に上がる頃まで継続します。中学生からは2次治療が始まります。

出っ歯となった原因

上顎前突の原因は大きく分けて先天的なもの、後天的なものがあります。先天的なものは、遺伝的に上顎が前に出ている。あるいは下顎が後方にずれていたり、小さかったりして出っ歯に見えることがあります。後天的な原因としては、指しゃぶりや口呼吸を過剰にすることによって症状が出ることが知られています。子供の頃は顎や歯列が変化しやすいので、親御さんが十分に注意してあげることが重要です。

出っ歯を放置するとどうなる?

上顎前突は、早めに治療することが大切です。見た目のコンプレックスはもちろんですが、機能的にも問題があるからです。この症状があると、口を正常に閉じることが難しい場合があります。そうなると、口の中が乾燥して、口臭の原因になることもあります。また、子供が転んでしまった場合に前歯が折れやすくなったり、下の前歯が上の前歯の裏側の歯茎を傷つけたりと、口の中に傷ができることもあります。お口の中はバランスが大切ですから、歯並び治療は大切なことなのです。

住んでいる地域から探す、全国エリア別!子供矯正歯科ナビ